価値観

堀井雄二

堀井雄二に才能は感じない 坂口博信の方が感じる。 と、いうのもドラクエってウィザードリィとかD&Dの「劣化コピー」なんだよね。初代なんて、パーティ一人だし。 3の職業システムも、アメリカのTRPGのまるパクリでしかない(日本ではTRPG文化はな…

アフガンとイスラム原理主義

アフガニスタンの惨状が宗教によるもの、というのは間違いだ。宗教音痴の日本人らしい意見と言える。また欧米の反イスラム思想に毒されてもいる。 タリバンというのは原理主義者だ。 よくないのは「宗教」ではなく、「原理主義」である。共産主義にせよ、右…

世界の肯定と否定

あらゆる物語は、その結末をきちんと決めるなら、「世界を否定する」か「世界を肯定するか」の二択しかない。 これはシリアスな物語は、そもそも登場人物の内実の解決をテーマにしているからだ。そして、フィクションである限り、この呪縛から逃れられない。…

コロナの本当の怖さ

「病気」としてのコロナは何も怖くない。 せいぜい、ちょっと強い風邪、程度のものだ。 私が怖いのは「社会現象」としてのコロナである。 たとえば、コロナに罹患したことでいじめられる。仕事を首になる。村八分になる。 ワクチン接種をしないせいで非国民…

泥棒が泥棒と言ってもいい

よく、中国がアメリカの黒人差別を非難すると、お前がいうな! ウイグル! ウイグル! とかネトウヨは言い始める。 しかし、それは関係ない話だ。 泥棒が泥棒を見つけ、おまえ泥棒! ということはできるし、どっちも泥棒である事実は変わらない。中国はアメ…

暴力に寛容な社会

志らくは面白くないし、偉そうだしで嫌いだが、中田翔の件で、「暴力事件を起こした人間をすぐに一軍起用する巨人はクソ」(超解釈)みたなツイートをしたらしい。珍しく正論だな。と思ったが、なぜか炎上したらしい。 やっぱ野球界はおかしい。 そして、野…

自由

シュワルツェネッガー元知事が、コロナ対策のためにマスクをすることが大事で、自由なんてくそくらえといったのが問題となっているようだ。 しかし、そのあと彼は「自由には責任と義務が必要」という至極当然のことを言ったようだが、これが「自由の制限」と…

アナログ

アナログレコードや油絵、紙の本などには興味もあるし、基本的に紙の本派だけども、フイルムカメラだけはとんと興味がわかない。理由ははっきりしている。途中でデジタル変換されるからだ。 アナログレコードはアナログの記録をアナログのスピーカー振動に変…