金融庁が管理

 みずほのシステムを金融庁が管理することになるらしい。

 

 なるほど。いつものあれだな。

 「仕方ないから」で、災害を理由にじゃっぶじゃっぶ血税を使うやつ。福島でもコロナでもあったやつ。

 

 つまり、金融庁自体はシステムを管理できない。そりゃ、技術者を抱えているわけじゃないから。だから、金融庁がみずほの代わりに「責任」を持つから、NTTデータなりIBMなりに「やってくれ」ということだ。

 金は出す。「税金」から!

 だって、メガバンクを「潰すわけにはいかない」から。税金投入も「仕方ない」し・・・。仕方なくねえよ。潰せ!

 

 あーあ。みずほの経営陣はやっぱり何の責任も取らず、満額の退職金もらってやめていくだけ。損するのは国民。いつものやつすぎてイライラする。

 

 いくら使うんだろうね。今度は公金で5000億かな。下手したら1兆円だね。

 よかったね。逆にシステム開発費用が浮いてみずほも儲かるし。

 

 たくさんの人に迷惑をかけたのに、損するどころか儲かるなんて、福島の東電を思い出すね(赤字になるどころか税金大量投入、便乗値上げで、むしろ黒字拡大した)。

 

 金融庁が異例の行政処分とか言われてるけど、そりゃ異例だろう。金融庁でここまでの「おともだち案件」ってないし。

総裁選

 改革なんて誰にでもできる。
 「成功する」改革は誰にもはできない。

 

 しかし、「改革」だけなら、幼稚園児にもできる。なぜなら、現状と違うことをすればいいだけだからだ。
 だから、改革改革というやつは基本的に「無能」である。
 実は「現状維持」は非常に難しい。
 なぜなら、現状維持には「成功」しかないからだ。失敗すれば、それは「維持」ではない。

 

 「改革」するというのなら、具体性がないと意味がない。
 そしていまのところ、具体性は立候補者全員にない。

 

 さらに、自民党の総裁選はあまりにも党員票が少ない気がする。
 国民を馬鹿にするのはまだいいが、党員も馬鹿にしている気がする(麻生は後援者を「下々」と呼んだらしい。馬鹿も過ぎる。何様だろうか)。
 決選投票なんて、党員票はほぼ無意味だ。

 

 また、国民がー国民が―と本人たちもマスコミもいうが、総裁選はアメリカや韓国の大統領選とは根本的に違う。
 非自民党員の国民が関与できる要素は0なのだ。

 

 にもかかわらず、前回の菅のときもだったが、まるで大統領選かのような演出がされていた。あほくさい。
 総裁選なんて自民党内部で決まることなのだから、大々的にマスコミが取材も報道しなくていい。勝手にやって、勝手に決めればいい。

 決まってから、報道すればいい。

 

 こういう傾向になったのは野党が死んでしまったので、自民党の動向=政府ということになっているからだろう。
 総裁=大統領という錯覚がある。いまは錯覚かもしれないが、そのうち既成事実のようになっていくのだろう。怖い。

 

 勘違いしている人間が多いが、自民党は「民間組織」だ。政府ではない。
 だから、過剰報道だ。
 立候補者もどうせ派閥政治で決まるくせに、国民国民いいすぎて気持ち悪い。そんなの1ミリも考えてないだろう?

 考えているのは、二階や麻生、安倍の機嫌取りだろ?

 

 単なる民間の「徒党」だから、そのトップが派閥政治で決まるのは何もおかしくない。
 しかし、日本は行政府が米韓のように独立していないので、そのままダイレクトに行政府に反映されてしまう(派閥の論理>国民)。大統領制を採用するべきだと思う。そうしないと、国民の声は「絶対に」反映されない。


 だって、システムがそういう風にできてないんだもん。

生活保護企業

 キーエンス滝崎社長が日本一の富豪になったそうだ。当然だと思うが、日本人の8割はキーエンス知らないだろうなあと思う(女の99%は知らんだろう)。

 時価総額トヨタに次いで2位だそうだ。

 

 結局、日本企業はGAFAMみたいなのではなく、こういったハードウェア主体の会社が強いのだなあと思う。それはそれでうれしいが、トヨタとかキーエンスとか、ソニーとか、強い日本企業は「政府と癒着が薄い」企業ばかりである。

 

 そういう企業はいつでも海外へ逃げることができる。

 ソニーは半分アメリカ企業だしね。キーエンスも社長変わったらアメリカ企業になるかもしれないし、なった方がいいと思う。

 

 三菱だの日立だの、癒着企業にばかり血税が投入されている国にいてもしょうがないよ。そして、そういった「生活保護企業」は碌な成果がない。NECなんて、ほぼ完全に「生活保護企業」だ。

 

 そして、実際の生活保護と同じく、「生活保護企業」にはさまざまな特典があり、一生懸命商売している会社(ワープア)よりも、多くの金を税金からもらっている。

 

 そういえば時価総額3位のソフトバンクも「非癒着企業」だね。

 孫正義は「おともだち」がいなかったから、楽天の三木谷みたいに免許がもらえなくて、ボーダフォンを買収したんじゃないの? という気もする(正確なことはわからないが)し、朝鮮人なので彼の評価は不当に低いが、FRBの友人は、彼こそ日本のジョブスだと言っていた。私もそう思う。

いいと思うフィギュアメーカー評

 結局有名メーカーになってしまうけども、

 

コトブキヤ
 〇いわずとしれた世界展開する大手。
 ◎価格が同時期の平均よりだいぶ安く、他社なら2万円しそうなものが1.4万くらいでリリースされる。かといって質が悪いわけではなく、むしろ、そこそこのラインは超えてくる。そこそこのラインを超えてかつ安いので、安心して買える。
 〇ちょくちょく再販するのでリセールバリューは高くないが、買い逃しにも優しい。
 ◎原作キャラにわりかし似せてくるので、フィギュア好きではなく、原作ファンも買い。
 △あまりエロくない。
 〇ほとんど延期せず、納期順守。
 △他の大手が中国工場を共同で運営しているが、独自運営らしい。
 〇昔からプラモデルもだしており、マイナーなACをリリースしていた。ただし、バンダイのような素組ではまともなできにならないので注意。

 

アルター
 ◎おそらく、フィギュア界のバンダイ。他の追従を許さないクオリティ。価格帯は高い部類だが、デコマスと寸分違わないようなものをお出ししてくることがある神。そうでなくても、「かなりよいライン」が下限なので安心して買える。
 〇そこそこ延期してくるが、長期の延期はあまりない。
 ◎原作再現度も非常に高い。

・AMAKUNI
 〇淫魔像で有名。
 ◎価格は高い部類だが、造形、製造技術ともに高く、安心して買える。
 ×延期するときは延期する。
 △クオリティの高いメーカーだが、なぜか原作に「似ていない」のがネックである。
 ◎だいたいエロい。

 

グッドスマイルカンパニー
 〇価格は並か並以上、品質も外さない。安定感があり、安心して買える。
 〇やたらミクを出していた気がする(気のせいかもしれない)。
 〇あまり延期するイメージはない。

 ★最近不具合対応が神だった。他メーカーなら「仕様」で済ましそうなレベルに製品交換対応を受け付けているようだ(figmaはドル箱ブランドだからだろうか)。

 

・フリーイング
 ×バニーに異様に執着している。水着にして欲しい。
 △1/4サイズを乱発する。
 ◎エロい。
 ◎マイナーな原作をお出ししてくる(そしてなぜかバニー! やめろ!)。
 ×基本再販しない。バニーでも欲しいキャラは買わねばならない(使命感)。

 ×廃棄品が漏れているのか、金型がコピーされているのか、海賊版に製品版と見分けがつかないものが存在する。他者の場合、一回バラしたものから型取りしているから、どうしても細部の表現(髪先)が失われるが、フリーイングの海賊版にはそれがない。

 

 ★番外★

・プルクラ、びーふる
 ×くそと呼ばれているメーカー。いくつかブランドを有している。
 △個人的には当たり外れが激しいイメージ。
 〇造形自体は悪くなく、むしろいい部類。しかし、製造能力が低く、製品版の品質に問題がある。
 ×外箱から内面が見えないのもわざとだろう。
 △途中で原型を製造せず3Dプリンターで出力しているらしく、原価が安いと思われるが、造形自体はよいので、当たりがないわけではない。そびくそではない。
 〇コネがあるのか、よい原作をひっぱってくる。

いわゆる敵の出方論

共産党の「いわゆる敵の出方論」に立った暴力革命の方針が話題のようだ。

 

 まあ、日本らしいアホみたいな政策である。「論」ではないもにに「論」とついているのも、日本らしい(行政学の「論」はたいていそんなもんで、「ぼくの感想」ばかりだ)。


 さすが、長年、日本を転覆する可能性は0なのに、飯の種だけに共産党を仮想敵にし続けてきた税金泥棒、公安調査庁のいうことは一味違う。

 

 共産党どうこうはどうでもいいが、この「いわゆる敵の出方論」であるが、予め何の対策も練らないというキチガイじみた考え方である。敵が「出てから」考えるとは、何も考えないのと同じだ。


 全く無責任である。


 また、「出方」を決めるのは、公安なのであって、これは共産党の主義主張は一切認めないといういくら相手が共産党でも自由主義国の姿勢ではない。恣意的に、「出方」はどうとでも「解釈」できるのだ。

 

 加えて、合法組織の共産党を「敵」と呼ぶのはいかがなものか。

 どうかんがえてもやくざ組織(日本では暴対法があるので、実は暴力団は合法組織なのだが、世界でも唯一だろう。マフィアを合法化しているのは)のほうが一般人に害をなしているのは明らかだが、かつての反共から、やくざは友達だから、やくざは公安の「仲間」なのだよね。

親ガチャという言葉があるらしい

 親ガチャという言葉があるらしい。
 これを女子アナとか芸能人が批判したようだが、基本的に的外れだった。いかに的外れか書いていく。

 

 1.親は一生懸命育ててくれた
 当たり前である。

 それは「前提」として、金持の親か貧乏の親か。どっちがよいか? という話。

 資産以外の条件が同じなら、当然、資産が多い親の元に生まれたほうがいいだろう。何の批判にもならない。

 

 2.親になると親のありがたみがわかる
 無関係の話である。

 むしろ、親になったことで「子供の気持ち」がわからなくなってしまったのではないか? 逆にこのような発言をする人間は完全に「親視点」になってしまい、子供時代を忘れた「毒親」になるだろう。

 

 3.親がショックに思うだろう
 無関係の話である。

 親は親、子は子である。

 親に感謝しろ従えという旧世代的な考え。親に感謝するのは当然の話であって、言うまでもない。しかし、親に感謝することと、親の遺伝子や財産に感謝することは全く別の話だ。
 しかもこれでは、親視点しか考慮されておらず、相対的視点にかけ、発言者の「自己中性」が明らかとなっている。

司法人は非常識人

 裁判官とか弁護士とか、たぶん、ぶっちゃけた話、頭がおかしいのだ。

 

 アメリカのように、医者よりも弁護士が多いような世界なら違うかもしれないが、日本で弁護士資格を得ようとする人間自体、頭がおかしい。
 大して名誉もない(私は弁護士って、なるのは難しいよねと言う人にはいくらでもあってきたが、尊敬する人にあったことがないし、目指したやつにあったこともない)し、金もないし、別に「正義」でもない。

 

 私なら、難易度変わらないし、医者を目指す。
 医者は金も儲かれば、社会的地位も高く、医療は生命を救う貴い仕事でもある。アフリカとか中央アジアの医療へ向かってもいい。

 

 しかし、弁護士など、所詮「日本国内」でしか通用しないクソ資格であり、その知識も、国ごとに違い、普遍性はない。

 弁護士制度からしてヨーロッパでさえ千差万別なのに、英米大陸法が~という区分は嘘だし、そもそも法学用語自体がガラパゴス用語で満ちている。

 調べればわかるが、法学は西洋から学んだはずなのに、元になった西洋語の単語がない(明治以前に起源もない)法律用語がごまんと存在する。工学のように、普遍的概念として世界共通のものはない。

 

 ようするに、日本の法学・法律というガラパゴ規格を扱える資格(電気工事士さえもっと普遍性があるだろう。日米のコンセント規格は同じだ)であり、何ら生産性はなく、悪人を無罪にしなければならず、論理ではなく詭弁に支配されている。
 「電磁的記録」という単語が「コンピュータのデジタル記録すべて」を指すような世界が論理的、学術的とは思えない。

 

 明らかに科学的に間違っている用語がそのように解釈できるなら、玉虫色の解釈はいくらでもできるし、「科学による証明」をも有名無実にできる。

 「〇は△ではない」と裁判官が宣言さえすれば、黒いカラスも白くなる。
 違憲判決などこの典型例で、〇は△ではない、という「それおまえの感想だよね?」という判決文でしかない。

 ただ、法廷では、裁判官の「感想」によって人は裁かれる。
 カラスは絶対に白くならないが、法廷で「白いことになって」いれさえすればいい。
 事実とか論理とはそこにはない。

 

 これが民事なら、解釈をめぐって、第三者が裁定を下す、という論理、理解できる。が、刑事ではそうではない。形式上は、弁護士と検事がいて、裁判官は第三者に見える。
 が、形式上にすぎない。
 なぜなら、民事は争いの「解決」が目的であるが、刑事は「罪の決定」が目的だからだ。

 

 裁判官になるようなやつ、弁護士になるようなやつは、まあ、元々頭がおかしいし、「感想」で人を裁いているうちに、自分が神かなにかのように勘違いするのあろう。よく裁判官が「説教」するが、一体お前は何様か? と思う。
 なにせ、そいつが有罪なのは裁判官の「感想」にすぎず、実際にどうなのかは神のみぞ知る。

 にもかかわらず、説教するなど、自分が神と思っているからこそできる芸当だ。

 

 おそらく、裁判官や弁護士というのは、勉強ばかりしてきたのだろう。だいたい常識がない。
 工藤会の会長の死刑に対し、「人一人殺して死刑はおかしい」と発言した弁護士がいたようだが、まあ、どう考えたって、人一人殺したら死刑は「妥当」である。
 あまりにも常識がない。

 

 さらに、弁護士の多くはチー牛である。

 だからか知らないが、オタクじみた被告には重い刑罰を与え、イキった連中にあこがれがあるように見える。人権派弁護士なんか、特にそうだ。あと、女に妙に甘いのも、童貞臭い。

 

 ただ、司法試験合格者でも、検事は若干違う。
 「正義」のために検事になる層がおそらく、一定層いる。ただし、そのほとんどは、安倍ちゃんに忖度した黒川検事長と同じで、金も尊敬もない世界だから、「権力」に執着する。
 とはいえ、所詮、検事は黒川検事長でわかったことだが、政府の犬であって、国民の方は見ていない。

 

 そう、田中角栄の逮捕である。

 伊藤栄検事総長は「巨悪は眠らせない」というポリシーの元、元総理を逮捕した。あたかも正義の体現であるかのようだが、現実はそうではない。
 「巨悪は眠らせない」というポリシーを持った人間が、はたして検事総長になれるだろうか? 公務員の世界は、上に逆らうやつは「絶対」に出世しない。

 

 田中を捜査した検事は左遷されたというが、堀田力は栄転している。まあ、そういうことだろう。田中を「失脚」させ、政界から完全に追いだしたい勢力があったのだ。そういう話だ。
 その証拠に、贈収賄の疑いのあった岸信介などは、逮捕されていない。田中だけが逮捕されたこと自体が不穏だ。

 

 田中は生え抜きだった。

 ほかの戦前から居座っている政治家、二世三世とは異なっていた。所得倍増計画で国民の人気も高かった。だから、正攻法で田中を政界から追い出すのは無理がある。
 そこでロッキード事件である。渡りに船だっただろう。
 「みんな」しているのに、田中「だけ」逮捕された。

 昨今で言えば、猪瀬元東京都知事「だけ」が贈賄で叩かれたのと同じだ。石原なんかその10倍はもらっていたはずだが。

 

 まあそういうわけで、司法にかかわる仕事は「軽蔑」される仕事だ。

 

 そらそうだろう。


 最高裁判事検事長を行政府長が任命するんだし、立法府の議員から行政の長が選ばれるんだから、三権分立もクソもない。
 行政府の「おともだち」は、たとえ、正義感のある警察官がなんとか逮捕しても、検察が「不起訴」にするから絶対に罪に問われないし、また、正義感ある検察が起訴してしまっても、裁判で「無罪」にできるし、地方の裁判官にこれまた正義感がいて有罪にしても、最高裁で「おともだち」が無罪にしてくれる。

 

 「おともだち」を有罪にするハードルはとても高い。

 

 戦後、弁護士は自治権をもったというが、まあ嘘なのである。検察庁が独立機関というのも嘘なんである。
 そもそも、弁護士の数が少ないんだから、どう考えても、弁護士と検察官と裁判官はもともと顔見知りという可能性も高い。「八百長」はいくらでもできる。
 八百長がバレたらどうするって? 検察のともだちが「不起訴」にしてくれるから安心だね。