いじめをするような人間は、そもそもいじめが「楽しい」のだ。

 いじめをするような人間は、そもそもいじめが「楽しい」のだ。

 だから彼らが反省するはずもなく、改心もしない。どうして楽しいことがやめられるだろうか。

 チョコがおいしくて、ダイエットできないのと同じだ。

 彼らはいじめが楽しいので、やめない。

 そもそも、他人を殴ったり、ののしったりするのは普通の人間にとっては苦痛だ。相手に非があっても、苦痛だ。だから円滑に人間関係を築こうと我慢するのだ。

 彼氏を取られてむかついたからいじめた、というケースもあるだろう。しかし、こういうのは長続きしない。むかつきはいずれ忘れるし、新しい彼氏もできたらどうでもよくなる。

 だが、いじめが続く場合がある。

 これは加害者が楽しんでいるからに他ならない。

 だから、被害者の気持ちを語るのは無意味だし、説得もできない。

 方法は一つしかない。厳罰だ。

 いくらチョコがおいしくても、糖尿病になったら自由には食えない。食ったら悪化するから。

 いじめも同じ。楽しくても、ひどい罰を受けるなら、やめざるを得ない。

 だから、この点に関して世間の言説は殆ど間違っている。被害者にも非があるとかないとかはどうでもいいことだ。加害者は普通の人間だ、というのも違う。彼らは他人に損害を与えること、他人が苦しむのを見るのを楽しいと感じる異常者だ。

 いじめ肯定派も否定派も、彼らを同じ人間だと想定している。ここが違う。彼らは異常者なのだ。