孤独

 上島竜兵の自殺が話題だが、多分彼は独だったんだろう。
 土田の言うことが本当なら、彼は売れない芸人の金蔓だったわけだ。金の切れ目が縁の切れ目、慕ってくれるやつなんてほとんどいない。知名度は高く皆知っている芸人なのに、自分は愛されていないのではないか。そう思っていたんではないか。

 むしろ、上島をこき下ろした土田は数少ない慕っていた側なんじゃないかと思う。これだけ知名度があって、竜兵会も有名なのに、思えば、さんまだのたけしだのと違い、尊敬すると発言した芸人を見たことがないのだ。
 たけしは軍団に慕われているようだが、上島はそうではなかったのだろう。
 彼はよく本を読むと言っていた。難しい本を読むのだ、と。しかし口下手なので、上手く言えないのだ、と。

 私にもよくわかる。
 私も知識はあるが口下手なので、馬鹿にみられる。
 明らかに自分の方が知識があるのに、とストレスがたまる。彼もそうではなかったか。芸の上だけではなく、皆が自分を馬鹿にしているような気がする。私もいつもそれに苛まれる。

 しかし、私は一般人だ。
 だが、彼は知らん人はいないほどの有名人ではないか。たぶん、私以上に孤独を感じたに違いない。

 ダチョウ倶楽部のコントやギャグは、他の芸人と違い、攻撃性がほとんどなく、本人たちは痛い目を見るが、それ以外に傷つく人間の少ないものだ。この手の芸人は小島よしおとかヒロシなんかもそうだ。彼らは自虐なので、聞いている人を傷つけない
 しかし、この手の芸人はなぜだか知らないが「馬鹿にされる」傾向にある。
 むしろ、他人を馬鹿にする笑いしかしない、さんま、ダウンタウンとんねるずといった面々がなぜか「人格者」として後輩芸人たちから尊敬と絶賛を受けるのだ。
 個人的には全く持って意味不明であるが、結局、他人を攻撃したいのだろう。日本の笑いは「いじめ系」として海外では話題だが、まあ、そういう人が尊敬される変な社会だから仕方ない。

 実際、他人を馬鹿にする笑いばかりで、私は芸人が好きではない
 そして、ダウンタウンは低学歴だ。実際頭もいいようには見えない。賢い発言を耳にしたこともない
 さんまも口は回るし、その場を囃すのは上手いが、知性は感じない
 たけしだけが例外的に知的なことをいうこともあるが、例外だと思う。
 むしろ、小島よしおは高学歴だし、よくもまああんな変なことを思いついたもんだと感心する。

 先に述べたように、上島は読書家で自分を知的だと思っていただろうし、ダチョウ倶楽部は人を馬鹿にする笑いを意図的に避けていたように感じる(天才テレビくんダチョウ倶楽部キャイーンが採用された理由だと思う)。
 しかし、実際には、まるで知性を感じない上に、人を馬鹿にするが本人の方がよっぽど馬鹿なやつほど尊敬される芸能村で、彼は行き場をなくしたのだ。
 そのように思える。