肉子ちゃんとかいうアニメ映画

 肉子ちゃんとかいうアニメ映画が宣伝されている。

 きっと大ヒット何だろうと思う。

 だって、「明石家さんま」がプロデュースしたのだから。おそらく、さんまは名前貸しで何もしていない。ワイドショーなどでは、アニメーターや監督への言及はなく、ひたすらさんまさんがーさんまさんがーでうんざりする。

 そもそも、さんまは映画にもアニメに造詣はなかったはずだ。
 突然何なんだろう? と思う。
 思うが、これからこういう流れになるのだろう。君の名のあとに粗製乱造アニメ群が爆死したせいで、安牌を求めた結果だろう。
 つまんないなあと思う。

 芸能人ってみんな大好きだから仕方ないけどね(人間そのもの、人間関係がコンテンツとして機能している。私には理解できない)。
 結果、無意味に高いプロデュース料で製作費が削られて、ますますゴミがつくられるんだけど、あの〇〇さんプロデュースってので「いままでアニメを見なかった層」が見るわけだし、ヒット間違いなし。

 むかしからそういう層を狙ったのはあった。河童のクゥと夏休み(割と好きなアニメ映画)なんか明らかに非オタ狙いだったけど、コケた。あれも明石家さんまプロデュースとかいったら10倍は売れただろう。

 芸能人大好き人間は中身なんかどうでもいいんだよね。〇〇さんプロデュースの映画を見たことが大事。最近は中国アニメにも押されているのに、これじゃあ、実写映画だけではなく(〇〇主演だけしか意味のない漫画原作コスプレ演出のゴミ映画のことだよ。キャシャーン除く)、アニメの邦画も壊死が始まったといえる。