愛国心とかいうが、そんなもんあるに決まっているだろう

 愛国心とかいうが、そんなもんあるに決まっているだろう。


 私が嫌いなのは日本政府の政策であって、「民族として」の日本が嫌いなわけじゃない。
 このあたりを混同している人が多すぎる。
 国家=民族じゃない。


 もしそうなら、北朝鮮と韓国は別の国なので、彼らは別の民族なのか? 違うだろう。どっちも朝鮮民族だ。逆に、クルド人は国家をも持たないが、クルド語とクルド文化という独自のものを持つからクルド民族だ。


 だから、民族としてではなく政府の政策を叩く。で、日本から出ていけと言われても、なんで? としか言えない。


 さらに、愛国心=すべてを受け入れるじゃない。
 そらそうだろう。
 世の中に愛の鞭という言葉もある。愛しているからこそ、鞭うつ。日本を愛しているからこそたたく。
 恋人だって、愛しているからこそ、もっとこうなってほしい、ああいうダメな行為はやめさせたいというのがあるはずだ。私はよりよい国になってほしい。それは愛しているからだ。


 愛していない。つまり、どうでもいいなら、わざわざ諫言する意味がない。ただ黙っているやつは逆に愛国心がないし、ただ称賛しかしないやつも、ただ盲目なだけで、愛として間違っている。きちんと相手を見れない愛は愛ではない。だから、日本のだめなところはだめという。愛ゆえにだ。


 愛ゆえに批判するのに、パヨクというレッテル張りをしてくるやつがいる。本当に頭が悪い。


 国家と民族の区別もできない。だから民族派右翼は絶滅危惧種なのだ。民族派なら、売国政権を許せるはずがない(民族愛はあるが政府愛はない)のだが、国家と民族の区別ができない馬鹿(民族愛と政府愛の区別がつかない)からしたら、売国=愛国(民族愛=政府愛は絶対なので、政府がどんなに売国しても愛する)になってしまう。売国すればするほど、愛国になるという倒錯がおこっている。


 彼らネトウヨは盲目的に日本政府を愛すること=愛国心だと思っているので、政府がいくら売国行為をしても、愛国だと絶賛する。

 日本の金は、民営化された郵政と年金機構を通じてアメリカの株や金融商品米国債へ注がれている。

 

 小泉が郵政民営化した最大の理由は、公的組織のままでは法律縛りがあり(基本的に国内投資しかできなかった。そもそも海外投資をする必要がないはずだ。国内で資金が還流しないと経済的にもまずいはずだ)、アメリカに日本国民の貯金を献上できなかったからだ。


 郵政民営化以降、アメリカの株式のあがり幅がさらに上がった気がするが、気のせいかもしれない。気のせいではないかもしれない。まあこれも竹中平蔵案件だ。こいつは正直、21世紀の日本の未来を破壊した張本人だと思う。


 (ちなみに、この郵政の資金300兆円はもし0になった場合は日本政府が保証することになっている。つまり、アメリカの株を買い、そこが破綻した場合、その損失は税金で補填されるということだ。単純にアメリカに金をくれるという意味でもある)


 愛国と売国が混同されたこの国では、愛国心を語ること自体がそもそもできない。
 愛国心とは売国心のことだからである。