それは違うだろう

 それは違うだろう? と思ったこと。

 

 渡部高志とかいうよくわからんアニメ監督が、現在のアニメは、原作の再構築の余地がないからクリエイトではなく管理と言っていたが、それは違うと思う。

 

 そもそも、原作はアニメじゃない。原作は漫画か小説なので、「アニメーション」の部分をクリエイトするのがアニメ監督の責務だろう。脚本はクリエイトする部分じゃない。何を勘違いしているんだろう?

 

 カメラワークなり、なんなり、アニメーション部分でクリエイトできることはいくらでもあるはずだ。

 

 押井守も、私は嫌いだが、彼も攻殻機動隊とかパトレイバーとか他人のふんどしで好き放題して、偉ぶっているからだ。

 

 オリジナル脚本が描けない、かけても面白くない以上、きみたちは「アニメ」監督なのだから、アニメ部分だけ作っていなさい、と思う。

 

 細田守も典型的で、サマーウォーズなんか脚本家のおかげだったのに、何を勘違いしたか、自分で脚本を始めた。案の定、未来のミライはくそみたいな脚本だった。もっとも、アニメーション自体はいい。

 

 君の名の場合はちょっと違う、新海は他人のふんどしでやってきた監督ではなく、「アニメ作家」出身だからだ。ここが根本的に、アニメーターあがりや制作進行あがりのアニメ監督との相違点だ。

 

 彼は「作家」だ。だから彼の小説版は売れる。当たり前の話だ。

 

 彼は「作家」だから、話を一から作れるのだ。

 

 そんな彼がむしろ、君の名では、プロデューサーから脚本の修正とダメだしを色々食らった結果、あのヒットにつながったのだから、どこの馬とも知れないアニメ監督が脚本に手を加えててよくなるはずがないのだ。どう考えたって、アニメの原作を書いている原作者のほうがストーリーテリングは上手に決まっているんだから。

 

 彼らはアニメの素人だが、脚本については素人ではない。私個人の見解だが、アニメ監督の脚本だけではなく、そもそも、アニメ脚本家というのが質の悪い素人みたいなのが多い。小説家や漫画家は実力主義で、売れなければジエンドだが、アニメ脚本はコネでどうとでもなるからだろう。同様のことはドラマの脚本家にも言える。

 

 実力の荒波でもまれていない人間の能力が高いはずがないのだ。

 

 だから、アニメ監督なりアニメ脚本家なりが、自分の色をストーリー上で出そうとすると、99%原作レイプになる。当たり前の話だ。

 

 もっとも、ガンスリみたいな残念な例外がたまにあるし、DBみたいに尺の都合で原作に追付いてしまうがゆえの苦肉の策もあるにはあるが。