デジタルファシズム

 名著だ。

 国民はみんな読むべきだ。まあ、読まないだろうけど

 この本で分かったことは、

 日米デジタル貿易協定は第二の地位協定だってことだ。

 車と引き換えにOSを差し出したときは全然違う。
 何せ地位協定と同じで、日本に一切特はないのだ。上級国民がアメリカからの甘い汁を吸える以外は!

 デジタル化に遅れるなと言うが、デジタル後進国で何か困るのだろうか
 困ることは何も浮かばない。

 あと、情報は資産という概念はもっと広く知られるべきだ。が、日本人が現金主義なのは、「ゲンナマしか信じれない、さもしい国民性」のせいなので、日本人は目に見えないものを全く重視しない。

 情報は今後も軽視され続けるであろう。

 この国に、優れた思想家は一人もおらず、宗教的篤信さもないのは、それらが見えないからだ。