親ガチャという言葉があるらしい

 親ガチャという言葉があるらしい。
 これを女子アナとか芸能人が批判したようだが、基本的に的外れだった。いかに的外れか書いていく。

 

 1.親は一生懸命育ててくれた
 当たり前である。

 それは「前提」として、金持の親か貧乏の親か。どっちがよいか? という話。

 資産以外の条件が同じなら、当然、資産が多い親の元に生まれたほうがいいだろう。何の批判にもならない。

 

 2.親になると親のありがたみがわかる
 無関係の話である。

 むしろ、親になったことで「子供の気持ち」がわからなくなってしまったのではないか? 逆にこのような発言をする人間は完全に「親視点」になってしまい、子供時代を忘れた「毒親」になるだろう。

 

 3.親がショックに思うだろう
 無関係の話である。

 親は親、子は子である。

 親に感謝しろ従えという旧世代的な考え。親に感謝するのは当然の話であって、言うまでもない。しかし、親に感謝することと、親の遺伝子や財産に感謝することは全く別の話だ。
 しかもこれでは、親視点しか考慮されておらず、相対的視点にかけ、発言者の「自己中性」が明らかとなっている。