ラーメンはスープからはニワカ。通ではない

 ラーメンはスープからはニワカ。通ではない。
 なぜか?
 拉麺とは、手で伸ばした麺の意味である。

 中国では、麺とは日本語で言う麺類のことではなく、小麦粉製品一般、生地を指す。ゆえに、パンは、麺麭とかく。もちろん、パンは麺類ではない。
 日本語で言う麺類は麺条という。紐状になった小麦粉製品、の意である。

 なので、ラーメンとは本来、製麺の技術を楽しむ食い物であって、スープを食うものではないのだ。

 というのも、むかし、ラーメンが中華そばと呼ばれていた時代、スープは簡易なものだったし、中国本場でもそうだった。だから、日式ラーメンは別物と言われているのだ。
 今のように豚骨スープを何日も煮詰めてつくる。
 なんてことは100年前には到底無理な相談だ。コストも時間も。
 だからスープは簡易なのである。その代わり、麺自体を楽しむ。

 だから刀削麺や一根麺が有名だが、とにかく、代わり映えのしない味を麺を変えることで楽しむ、これが本来の麺類の食い方。そして、ラーメンの本義である

 ゆえに、麺を最初に食うのが本来の姿だ。
 しかし、ガラパゴ化したことによって、麺は軽視されるようになった

 中国ではいろいろな麺のスタイルがあるのに、日本では棒状しかないことからわかるように、日本人は麺の形状にもともと無頓着だった。
 だから、高級ラーメンですら製麺機、市販品の麺を使う。
 アホめが。