感情、道理、論理、道徳、快楽の五つのうち、どれを重視するか

 感情、道理、論理、道徳、快楽の五つのうち、どれを重視するか。

 イヌが虐待されていて、

 感情→「可哀想! やめて!」
 道理→「イヌが何かしたのか? していないのならば、虐待すべきではない。したのならば、多少の躾けは必要だ」
 論理→「理由の如何にかかわらず、動物虐待は法律に違反しますよ? 法を犯す理由はなんですか?」
 道徳→「動物を無意味に虐待することは許されない!」
 快楽→「(イヌを助けてヒーローにでもなるか・・・)やめろ!」

 私は「道理」型だ。ただ、この道理型は状況いかんで、道徳型と論理型との区別がつきづらい。

 ただ、道理型が重視するのは「筋が通っているかどうか」につきる。
 だから、論理破綻は筋が通らないから嫌いだし、かといって、杓子定規なものは人間感情を考慮しないのでやはり筋が通らない。筋が通るとは、彼我の言い分や状況を鑑みたうえで判断されることだ。だから、日ごろの行いとかも重視する。
 普段説教ばかりしているくせに、自分がされるときく耳をもたないやつは筋が通っていないから嫌いだ。