憂邦烈士連合会@ソロプレイ

IT、PG、アニメ、エンタメ、政治、歴史、時事、社会、カメラ、etc

嗜好と顔面にはある一定の相関関係があると思う

 嗜好と顔面にはある一定の相関関係があると思う。

 チー牛顔の筋トレマニアは少なく、あいつらは昆虫系の顔が多く、不良は塩顔かソース顔に偏っていて、平均的な日本人顔は少ない。

 カードゲーマーもしかり。

 どうやら世界的に「あの系統」の容姿と体臭らしい

 おそらくだが、容姿だけではなく体臭にも相関関係があるのだろう、と思う。
 容姿と内面は無関係ではないどころか強く相関を持つ。
 動物でも見てみたらいい。

 ネコは獰猛な肉食獣の目をしているだろう?

 鳥でもペンギンは可愛い目をしているケースが多い(アデリーはきもい)が、猛禽類は怖い顔をしていることが多い(フクロウは可愛い)。
 草食獣でいかつい目をしているものは少なく(牛も馬もらくだも愛らしい優しい目をしている)、そもそも、「毒を持っていそうな外見」という「見た目で判断する事項」が自然界に存在するがゆえに、擬態が意味を持つ

 見た目と内面は強く相関している。
 どんなに人間が喚いても、生物の世界でそういった現象が数多く見られることは看過できない。

 つまり、生物の世界も外見重視であることから、後天的というよりは、先天的な要素が強い。つまり遺伝だ。

 カードゲーマーみたいな外見のやつは教育や環境はどうあれカードゲーマーになる公算が高い。最初からな! そして、臭い

 私は夏場の金曜日土曜日は風呂に入らず、明日出勤の日曜日だけ入るとか、シーツは一年以上替えないとか歯磨きは一週間に一回とかだったが、まあ、臭くはなかった。
 口臭についてはまあ、言われたことがあるが、体臭はない。そして、私は「カードゲームに興味がない!」。

 いや、男児のころはあったよ。

 男児は必ずカードゲームを好きな時期がある。

 ただ大人になったら興味がない。
 女どもが察知するオタク性は間違っていることもあるが9割はあっているだろう。
 デブで臭いやつはオタクだ。世界的にな!

 そもそもだ。私は不摂生な食事を20台のころは一人暮らしでしていたが、「太らないし痩せない」。
 60キロ~70キロの範囲から飛び出ることはない(いわゆる中肉中背)。普通はな。

 普通の食生活(成人男性にありがちなコンビニ飯カップ麺、コーラとビール。二食そういうのな)して太る時点で、一般的レールからそれた遺伝子を有している。普通は太らない。痩せない。まあ、健康は害すかもしれんが。

 遺伝子はひとつの遺伝子がひつの要素しか担わないわけではなく、複数を担うし、逆に単独の要素を複数の遺伝子が司ることもあり、全く無関係のような要素が連動していたりする
 だから嗜好と外見や体臭が相関を示すのもおかしくはない。

 そもそも、私の独断と偏見だが、通常の思想や嗜好からそれた考えを有する人の場合、デブやガリが明らかに多い
 これは本人たちの不摂生もあるかもしれないが、遺伝的要素も無視できないと思う。

 世間一般から乖離した外見=世間一般から乖離した精神性。

 つまり、今では普通になってしまったが、かつての金髪や入れ墨はこれらに該当する。世間一般とズレた格好をしたいという願望は、ろくでもない人間であるという精神性の発露であって、金髪を不良扱いするのは何も間違ってはいなかった。

 とはいえ、男の世界はまだ黒髪スーツが主流だが、女の世界は銀行員でもない限り、金髪あたりまえ、ミニスカ胸見せあたりまえ(むしろコンサバな格好なんてリクスーでしか見ない! 入社して半年もすれば風水師みたいな格好よ)なので、女を外見で判断するのが昨今は難しい。