美しい国

 なんでもかんでも認めろ。美しく思え。
 そうじゃないなら、出ていけ。
 そういう偏狭な愛国を求めるやつが多すぎる。

 

 愛ってそういうもんかね?

 

 世の中には、妻をぼろっかすにけなしているのに、実は愛妻家みたいなのいっぱいいる。
 愛国もそういう側面もある。
 日本はクソといいつつ、愛している。
 そういう愛こそ、一面的ではなく、深い愛のように思う。あばたもえくぼ。そこまで至っていないのだ。美しいと思わねばならないと思っている自称愛国者は。

 

 いやなら出ていけ?
 いやとは言っていないのだ。
 クソと言っているにすぎない。
 うちの妻はクソだが、可愛いというのは成立する。日本はクソだが、出ていく気はないというのも同様に成立する。

 

 まさか、愛国だけが、通常の愛情と違うというのだろうか?
 もしそうなら、そんな偏狭なのは愛ではない。
 美しい日本とかいっているやつ、いやなら出ていけといっているやつは、愛国者ではない。くそを愛せてこそ、醜くても愛してしまうことこそ真実の愛。そこに至っていない。

 

 美しくないと愛せないというなら、単なる面食いだ。
 私は日本はクソだし、別に美しい国じゃないが、出ていく気はもちろんない。世界で一番愛している国であることに変わりはない。

 

 美しい国しか愛せないなら、そういう似非愛国者こそ日本にとって害なので出て行ってほしいものだ。