アスペの文章

 1.彼女は海が好きだ

 2.彼女は海が好きだった

 

 このあと、1の場合は現在も付き合っていますか? 2の場合はどうですか? とたずねた場合、アスペルガーの場合は、意味不明な設問と答えるらしい。

 健常者は、

 

 1.つきあっている

 2.つきあっていない

 

 と答えるらしい。

 が、私から言わせれば、日本語として確かにこれは正確ではなく、どうとでも解釈できうる。

 厳密に言いたいなら、

 

 1.海の好きな彼女がいる

 2.海の好きな彼女がいた

 

 となるわけだが、これでは設問が成立しない。

 

 で、これが日本語としていまいちよくないのは、好きだったが何にかかっているのか、一体この過去形は何の過去なのか。そこが不明瞭だ。

 しかし、そこを明瞭にすると、単に省略された文章であることが浮き彫りになる。

 

 1.(今の)彼女は海が好きだ

 2.(前の)彼女は海が好きだった

 

 逆にしてみよう。

 

 1'.(前の)彼女は海が好きだ

 2’.(今の)彼女は海が好きだった

 

 (今の)か(前の)かが問われているが、どっちに解釈してもよい。

 2’の場合、過去形は「海が好きであること」にかかっているのに対し、もともとの2の場合、(前の)彼女にかかっている。なので、2の場合、(前の)彼女は今も海が好きである可能性があるが、この文章からはわかりえない。